キャッシング!便利に賢く計画的に

キャッシング 年収 嘘

キャッシングの契約での年収の嘘は禁物

通常のキャッシングの申し込みでは年収の記入は自己申告です。
消費者金融や銀行のカードローンでも50万円以下の小口の融資であれば、
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類だけで十分で、
年収のウラをとることもありません。

しかし、消費者金融で50万円を超える融資を受けようと思う時、
収入証明書が必要になり、記入内容との不一致、嘘がばれることになります。
また、それ以下でも他社でキャッシングの利用があると、
収入証明書を求められることがあるため、
年収の嘘はすぐ分かることになります。

返済能力を量る要素である年収

金融会社にとって年収は返済能力をみる上での重要情報ですが、
通常の契約で調べる手立てがないのも事実です。
また、そこまで調べるとなると、調査に手間が掛かり、
一人あたりのコストも高くつきます。

ただし、傾向をつかんでいるの消費者金融をはじめとした
金融会社の収入調査です。
全国には最低賃金が設定されており、給与水準があります。
例えば、全国に展開している消費者金融や銀行であれば
全国から顧客情報も集まる訳で、地域の賃金事情も把握できるようになります。
これをキャッシングの申し込みにおける与信に活かしているのです。

審査に落ちる可能性もある

実態としては余程の水増しがない限り、判明しないものですが、
社員数や資本金・業種などで特定されるのも収入です。

保険の種別でも端的に分かるものですが、キャッシングの申し込みでは
大きく収入をみせることは虚偽申告にもなり、
審査に落ちることがあるので注意したいところです。

COPYRIGHT© 2013 キャッシング!便利に賢く計画的に ALL RIGHTS RESERVED.